コミュ障から始める婚活攻略。

アラサーコミュ障が経験談と攻略法をまとめていく婚活ブログ。婚活鬱経験者。


更新情報

フリータイム1回目。大本命カードを使う人だけが行動出来る、10秒間のカウントダウンが始まります。ボカロでしょうか、無機質な声で、「10…9…」とカウントダウンしていきます。誰一人、微動だにしません。さすがにいきなりは動きにくいか。会場の全員が、ただ黙ってカウン
『フリータイムで勝負をかける!』の画像

さて、今回僕が気になった美人さん。大人っぽい見た目とは裏腹に、なかなか若めの28歳。日差しがキツくなってくる季節であるにもかかわらず、白い肌が印象的だったので、彼女のことは「ユキさん」と呼ぶことにします。フリータイムの動き方をどうするか問題。フリータイムは
『大本命カードの使い方』の画像

参加者の方々ですが、全体的におとなしめの人が多い印象でした。男女ともにそんな感じ。といっても、そもそも婚活パーティーの男性は基本的に落ち着いているので大差はないですが。女性陣は良い意味で地味というか、インドアなんだろうなー、という感じの人が多かったです。
『参加者の面々と、作戦の結果は…?』の画像

アイムシングルの婚活パーティーですが、少し変わったシステムでした。この独特なシステムがなかなか面白い。参加者にはパーティー中に使えるアイテムが手に入ります。「大本命カード」といって、1人につき1枚だけもらえます。このカードをお互いが了承のもとで男女で一緒に
『オタクのパーティーで取ったまさかの戦略』の画像

さて、鬱を機に作戦を練り、態勢を立て直しました。大人数でワイワイする場では前に出ることが出来ないため、やはり1対1で話せる婚活パーティーがもっとも無難でしょう。しかしそれでも、僕は話すことが得意な方ではありません。おしゃべりが上手な男性が同じパーティーにい
『自分らしさが活きる場所を見出した…!?』の画像

彼女の言い分は正論な気はするのですが、どうにもそれをまるごと受け入れることが出来ません。成果をあげるために、努力してはいけないのか…? 「そのうち良い人が現れるんじゃない?」「そんなうまい話があるかね…?」もやもや。何にせよ、「ただ何もせず待つ」というこ
『意識高い系男、まさかの敗北』の画像

相談した女の子が、鬱になったことについて笑ってくれたことで、深刻になり過ぎない形で相談に乗ってくれる、ベストな人選であると確信。僕はそのまま、今までの経緯をざっくり話しました。 「なるほどね、それで今は作戦を練る期間にしている、と」「そういうことです」「
『理想の男性像とは』の画像

さて、鬱が治るまで作戦の練り直しです。ここで1人で悩んでいても暗くなりがちですし、何より「机上の空論」になりがちです。ここは女性の意見を聞くべきところ…!というわけで、大学時代の知り合いの女の子と作戦会議を開くことにしました。その女の子は、少し気の強いと
『今後どうすれば良い?女性に聞いてみた!』の画像

2週間後、定期検診ということで、再び心療内科に行きました。だいぶ調子が良くなってきたことを報告しました。「…というわけで、見た目には分からないかもしれませんが、すごく元気になりました!」「なるほど。最初はどうかな、と思いましたけど、やっぱり鬱状態だったみた
『定期健診とアドバイス』の画像

鬱を治すため、(お医者さんが驚くほど)いさぎよく薬を飲むことを決めた僕。最初は弱めでいこうということで、処方されたのは「抗鬱薬」ではなく、「抗不安薬」。徐々に効いてくる薬だそうで、眠気の副作用はあるとのこと。あと、服用中はお酒が飲めなくなる。(記憶が飛ぶ
『抗不安薬を飲んでみたら…』の画像

↑このページのトップヘ