このブログでは、当初はコメント欄を開設してあったのですが、今はコメント欄を閉じている状態です。

それはなぜかというと、


「コメントの返信をすることが面倒だから」


…ではありません。


何にせよ、何の説明もなしに閉じてしまっているのはよろしくないかと思い、ここでいったん説明をしておきたいと思います。

本ブログの価値とは?

いきなりですが、このブログの価値は一体どういったところにあるのか?

それを考えた時に、

「恋愛に不慣れな男が、不器用ながらも頑張って行く様」

にあるんじゃないかな、と思いました。


たとえば、読んでみて頂いた方は良く分かったことと思いますが、たまちゃんとのデートでは不慣れな点が多くありました。

こういったことを包み隠さずに書いていくことこそが、このブログの価値だと思っています。

コメント欄があるとどうなるか

基本的に、コメントを頂けるのはうれしいですし、返事を書くのも楽しいです。

しかし何事も、プラスの影響だけでなく、一方でマイナスの影響もあったりするものです。


「たまちゃんシリーズを書く時に、コメント欄があるとどうなるだろう…?」

と想像してみたのです。
(皆さんも想像してみてください)


さて、僕は、たまちゃんシリーズのコメント欄を想像してみると、


「いや、さすがにこのデートはないわ…」

「もうちょっとデートプラン考えるべき」

「それはダメでしょ…」


こういったコメントもついてしまうかもしれないな、と思ったのです。



そうなると、僕はメンタルが強い方ではないため、まず第一にへこみます。

それだけならまだ良いのですが、おそらく僕はそういったダメージを避けようとします。

結果、どうなるかというと、

「批判的なコメントがつかないような内容のブログを書くようになってしまう」

と思ったのです。


つまり、

「体験談を、批判する内容がないように編集して書く」

ことを始めてしまうのです。きっと。


するとどうなるか。

「なんかそれなりにスマートなデートをこなしている男の経験談」

が綴られて行くだけになる。


果たしてそれは読んでいて面白いのでしょうか?

少なくともハラハラドキドキは存在しないと思います。


「批判的なコメントがついてから考えたら良いんじゃないの?」

と思われる方もおられるかもしれません。
ただ僕は、仮に批判的なコメントがつかなかったとしても、

「さすがにここまでの内容を書いてしまったら批判的なコメントがついてしまうのでは…?」

という不安から、ありのままの記事を書くことに躊躇してしまいます。
(臆病ですねえ。きっと何に対してもそうだから、なかなか上手く行かないのでしょう。)



僕のメンタルが無敵であれば問題ないのですが、そう上手くはいかないため、記事を書くことに集中するために、コメント欄を閉じさせて頂いております。
なんともカッコ悪い話ですが、ご了承ください。

とはいえ、寂しさもあり…

コメントでやり取りすることは基本的には好きです。
それが出来ないというのはやっぱり少し寂しかったりします。

ありがたいことに、メッセージを送ってくれる方もいるのですが、返信方法がなかったりします。


人間、成長するものですから、徐々にマシな体験談も出てくる…はずです。
そうなれば、コメント欄を再度開設しようかと思います。

その時は、

「過去の体験談見たら、だいぶヒドイっすねwww」

と言われて笑えるようにしたいな、と思います。


なんかネガティブなのかポジティブなのか分かりませんが、今後ともよろしくお願いします!

婚活ブログランキング