いつの間にか僕は、少し異様な生活へと変化しつつありました。


仕事を終えて、家に帰ります。
ご飯をすませて、お風呂に入って…

「今何時だろう?」


時計を見ると22時。
僕が普段寝る時間は24時でした。

「まだ2時間もある…」


適当に動画サイトでも見ながら時間をつぶします。
特に面白いものでもないのですが…

「結構時間たったかな?」


時計を見ると、22時20分。
まだ寝るには早すぎます。

「早く寝る時間にならないかな…」


再び時間つぶしに入ります。

これを幾度となく繰り返し、ようやく寝る時間にたどり着いて、寝る。
そんな生活を送るようになっていました。

おかしいと気付いたのは結構あとになってから

寝るまでの時間を待ち続ける日々。

それがどれくらい続いていたのかは分かりません。
1ヶ月くらいは続いていたのだと思います。

それくらいして、ようやく
「あれ、なんか変だな」 
と思うようにはなりました。

もっと自分が楽しめるようなことに時間を使っていたはずなのに…

なんとなく危機感を覚えて、久しぶりにテレビゲームをしてみました。
ただ、大して面白くありません。

体を動かしてみたのですが、特に気分は晴れません。

そういえば、なぜか台所には洗い物が溜まっています。

部屋も散らかってきているような…

朝に起きられなくなってきた

僕は基本的に夜更かしをするタイプの人間ではありません。
規則正しい生活をすることに定評があるタイプです。

ですから、朝もしっかりと決まった時間に起きて、早めに職場に向かっていたのですが…

どうにも起きられなくなってくる、という現象があらわれ始めました。


目は覚めているのです。なんなら、目覚ましが鳴る前からすでに覚醒はしています。
しかし、そこから「体を起こす」ということがなかなか出来ません。

職場に行くことを体が拒んでいるのか、体が非常に重く感じます。

「もう無理だぞ、もう起きないと就業開始時間に間に合わないぞ」
という時間になってようやく、体を起こすことが出来ました。

ギリギリで駆け込む形になってはいましたが、それでも遅刻はしなかったのが自分らしいな、と思います。


ここまでであれば人に迷惑をかけるところまではいかないのですが…


そうこうしているうちに、仕事中にも異変が生じ始めることになります。
 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
↑ブログランキングに参加中です!